新宿区でベッドの処分方法は(東京都編)

東京都新宿区でベッドの処分にお悩みの方のお役に立てばと思います。

引越しや整理などでベッドの処分をしたいけれど、どのような方法でベッドを処分できるのか悩んでしまう部分もあると思います。

ベッドはフレーム部分とマット部分に分かれシングルベッド程度ですと一人で対応もできますが、セミダブルベッド、ダブルベッドと大きくなりますと一人で対応も難しくなります。

ベッドを処分する際には色々な方法がありますが、人手は必要か?処分まで時間はあるのか?車はあるのか?などそれぞれの状況により処分方法の選択方法も変わると思います。

ここでは東京都新宿区でベッドの処分をするにはどんな方法があるかを考えて行きたいと思います。

東京都新宿区でベッドを処分する方法は?

東京都新宿区でベッドの処分を考えた時にどんな方法でベッドを処分できるのか見て行きたいと思います。

1.リサイクルショップでベッドを買取してもらい引取してもらう。

2.メルカリ、ジモティ、ヤフオクなど個人売買でベッドを処分。

3.不用品処分業者にベッドを引取処分をしてもらう。

4.新宿区の粗大ゴミでベッドを収集してもらい処分する。

5.新宿区のゴミ処理施設に自己搬入してベッドを処分する。

以上5つがベッドを処分する際の主な方法になるかと思います。

それでは5つの処分方法を詳しくしらべて見て行きたいと思います。

新宿区のリサイクルショップでベッドが買取可能か問い合わせて見る

新宿区のリサイクルショップでベッドを買取もしくは無料引取してもらう事によりベッドを処分すると言う方法になります。

リサイクルショップでは出張買取など出張サービスを行っている為、人手が無い場合や車が無い場合などでもリサイクルショップで全てを行ってくれるので何もする必要が無く大変便利です。

ですが・・・ベッドについては買取をおこなっていないお店ほとんどでやみくもにリサイクルショップへ問い合わせても断られれるだけで電話代の無駄になります。

まずは新宿区のリサイクルショップ探しをする場合には「新宿区」+「ベッド」+「買取」などで検索をしてみましょう。

いくつかヒットすると思いますので買取品目などリサイクルショップのホームページを詳しく確認して電話してみましょう。

その他リサイクルショップの買取ブログなどでベットの買取記事など見つけましたらそちらのリサイクルショップはベットの買い取り実績がある事になりますので確認してみましょう。

上手くベッドを買取してもらえるお店を見つける事が出来ましたら買取してもらいベッドを引取してもらいましょう。

リサイクルショップを利用する際のポイント!

リサイクルショップには出張買取など出張サービスがありますので人手や車が無くてもベッドを処分できます。

リサイクルショップでもノーブランドや低価格のベッドは買取が難しく断られる事が多いですが、シモンズやフランスベッドなど高価なベッドは買取してもらえる可能性があります。

リサイクル業界ではベッドは不人気の商品となり扱っていないお店が大半ですので、検索で「地名」+「ベッド」+「買取」などでお店を絞りベッドの買取を行っていると思われるリサイクルショップに問合せをしましょう。

安価なベッドや使用感の有るベッドなどはリサイクルショップでは買取・引取が難しいため処分の検討をおススメいたします。

リサイクルショップでベッド処分はこんな方がおススメ!

シモンズやフランスベッドなど高価なベッドで買取をして欲しい方。

綺麗で使用感が少なく状態の良いベッドで人手や車など無く時間もない方で出来れば買取で手早く片付けたい方。

個人売買でベッドを処分

ジモティ、メルカリ、ヤフオクなど個人売買のサイトを利用してベッドを個人売買する事によりベッドを処分する事が出来る場合があります。

サイトを利用する事により新宿区内はもとより、新宿区近郊や遠くの方とも取引が可能となります。

ヤマトのらくらく家財宅急便などを利用すると発送する事も可能ですので、取引相手と折り合いが付けば発送する事も可能です。

値段設定も自由に行う事が出来ますので1円など処分価格から欲しい価格まで自由に行う事が出来ます。

良い事ばかりに感じてしまいますが、利用には登録などの手続きが必要であったり手間のかかる部分もあります。

売れなければベッドを処分する事が出来なかったり、売れてもスムーズに取引が進まず取引が出来ないと言ったトラブルなどが起こる可能性もあります。

取引までに時間が掛かりますので処分までの時間に余裕のある方の場合には個人売買で処分を検討する方法もありかと思います。

個人売買でベッド処分のポイント

登録手続きや写真撮影、取引方法など準備に手間がかかります。

売れなければいつまでも処分する事が出来ません。

売れた場合にも取引が進まなかったりトラブルが起きる場合もあります。

自分で取引の内容を決める事が出来るので価格や引取に来てもらうなど取引条件の自由度が高いです。

新宿区内など近場で取引相手を見つける事が出来た場合には引き取りに来てもらえたりスムーズに取引が進みやすいです。

個人売買でベッド処分はこんな方がおススメ!

取引に時間が掛かりますので処分までに時間の余裕がある方。

お金をかけずに処分をしたい。

車の有り無し、人手の有り無しなど取引条件に含める事が出来るので、車が無い方や人手が無い方でも利用が可能です。

新宿区の不用品処分業者にベッドを引取処分をしてもらう

東京都新宿区の便利屋、リサイクルショップなど不用品処分を行っている業者にベッドを処分してもらうと言う方法になります。

便利屋やリサイクルショップでも不用品の処分を行っている所がありますので処分を依頼しますと出張でベッドの方を引き取りに来てもらい処分する事が可能です。

処分を行っている便利屋、リサイクルショップはホームページに処分を行っている旨書いてありますので確認してみましょう。

不用品処分業者では分解、部屋からの運び出しなどを行ってもらう事が出来てベッドを引き取りに来てもらえますので、全てを処分業者に任せる事が出来ますので大変便利です。

ベッドの解体から処分まですべてを行ってもらえ便利ですが、自分で処分するよりはグッと金額が高くなります。

不用品処分業者でベッド処分のポイント

こちらで指定した日時にベッドを処分する事が可能。

ベッドの分解、運び出しなど全て業者に任せる事が出来る。

業者がすべてやってくれる分、自分で処分するのと比較すると金額が高いです。

階段作業やベットが大きいなど条件が悪くなるほど金額が高くなります。

不用品処分業者でベッド処分はこんな方におすすめ!

人手が無い方や時間が無い方でお金が掛かっても手早くベッドを処分する必要がある方。

お金が掛かっても処分業者にベッド処分を任せて楽に処分をしてしまいたい方。

スポンサーリンク




新宿区でのベッドのごみ区分

ベッドは大体の市町村では粗大ごみと言う区分になりますが、処理を行っていないなど市町村によりベッドやベッドマットレスのごみの区分が異なります。

新宿区のサービスでゴミを処分するうえでベッドやマットレスはどの様なゴミの扱いなのかを知る必要があります。

ベッドマットレス スプリング付きマットレス 粗大ごみ
スプリングのないマットレス 粗大ごみ
ベッド ベッドのフレーム 粗大ごみ
パイプベッド 粗大ごみ

新宿区でのベッドのゴミ区分は上記となります。

新宿区の粗大ごみでベッドを処分

 

新宿区に粗大ごみとしてベッドを収集してもらい処分してもらうと言う方法になります。

粗大ごみの収集には事前に依頼をする必要があります。

粗大ゴミでベッドを処分する場合には戸別収集してもらう事が出来ますが、家の前など指定場所にベッドを運び出す際は自分で運び出す必要があります。

収集日当日の8時までに玄関前など指定場所に粗大ごみ手数料シールを貼って出しておくと収集してもらう事が可能です。

パイプベッド 1,200円
シングルベッド 1,200円
セミダブルベッド 1,200円
ダブルベッド 2,000円
二段ベッド 2,400円
三段ベッド 3,600円
ベッドマット シングル 1,200円
ベッドマット ダブル 1,200円

申込先

  • 新宿区粗大ごみ受付センター
  • 電話:03-5296-7000

受付時間

  • 月~土曜日、午前8時~午後7時

粗大ゴミでベッド処分のポイント

収集してもらえる日が決まっていますので指定日に合わせる必要があります。

指定場所への運び出しは自分で行う必要があります。

自分で作業をしますのでベッドの処分費用のみとなりますので安いです。

粗大ごみでベッド処分はこんな方におススメ!

収集日が決まっていますので時間的に余裕がある方。

費用を抑えてベッドを処分したいと言う方。

部屋から運び出しなど行う必要がありますので人手がある方。

新宿区のゴミ処理施設に自己搬入してベッドを処分する

 

新宿区では持ち込みによる粗大ごみの受け入れは行っておりません。

ベッドを持込による処分はできません。

 

東京都新宿区でベッド処分のまとめ

ベッドの処分方法について5つの方法をご紹介しましたが、条件により向き不向きがあります。

新宿区で用意しているサービス(粗大ごみ、ゴミ処理施設)は費用を抑えてベッドを処分する事が出来ますが、自分で運び出しなど行う必要がありますので作業を行う必要があります。

民間サービスでは(リサイクルショップ、処分業者)ではお任せでベッドを処分する事が可能ですが費用はかなり掛かります。

選択肢が広がった所でご自分の状況に合わせてベッドの処分方法を選択してもらえたらと思います。